70歳まで働ける企業づくり
70歳まで働ける企業づくり
「70歳まで働ける企業づくり」の必要性
改正高年齢者雇用安定法の概要
就業規則等への記載例
定年引上げ等奨励金
高年齢者雇用Q&A
高年齢者雇用先進事例
定年引上げ等奨励金
 高年齢者等の雇用の促進を図ることを目的に、事業主の方に雇用安定事業に基づく助成金・奨励金を支給しています。その中で、定年引上げ等奨励金として次の3つの制度があります。

○ 中小企業定年引上げ等奨励金 【PDF】
 雇用保険の常用被保険者300人以下の事業主が、就業規則等により、高齢法第9条第1項に規定する高年齢者雇用確保措置のうち、65歳以上への定年の引上げ、希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入又は定年の定めの廃止を実施した場合に、導入した制度に応じ、一定額を支給します。

○ 高年齢者職域拡大等助成金 【PDF】
 高年齢者の意欲と能力を活かすため、希望者全員が65歳以上まで働くことができる制度の導入又は70歳以上まで働くことができる制度の導入にあわせて、高年齢者の職域の拡大や高年齢者の雇用管理制度の構築に取り組み、高年齢者がいきいきと働ける職場の整備を行う事業主に対し、当該取組に係る経費の3分の1に相当する額を、500万円を限度として支給します。

○ 高年齢者労働移動受入企業助成金 【PDF】
 定年を控えた高年齢者で、その知識や経験を活かすことができる他の企業への雇用を希望する者を、職業紹介事業者の紹介により、失業を経ることなく雇い入れる事業主に対して、雇入れ1人につき70万円(短時間労働者40万円)を支給します。
 ただし、この助成金は国の予算成立の翌日より施行されることとなります。

 それぞれの制度の概要は、それぞれの項目をクリックし、活用をご検討ください。 詳細についてのお問い合わせ、受給申請書の提出等は岐阜高齢・障害者支援センターにお願いします。

* 岐阜高齢・障害者支援センターの連絡先
住所  〒500−8856
     岐阜市橋本町2丁目20番地 濃飛ビル5階
TEL  058−253−2723

▲ページ上へもどる